「自然保育のっぱら」は飯田市の森のようちえんです。
野あそびを取り入れた野外保育を行っています。

自然保育のっぱらには2歳児~5歳児の子供たちが、飯田市はもちろん飯田下伊那地区全域から元気に通っています。「生きる力を育む。1人1人が輝いて自分自身を生きる」「しぜんあそびを通して柔らかくたくましい体と心を育てる」「子どもの育ちを通して保護者、保育士が共に学び成長し合う」を理念に掲げ、地域・周囲の方々の力を借りながら共に力を合わせて子育ち、子育てを心から楽しんでいます。そして、私たち大人も子供と共に成長することを目指しています。

お客様が来る秋の日。テーブルを飾るドングリや草花を集めに山の中へ。もちろん保育士同伴ですが慣れた山ということもあり、力強く自分の足でしっかりと歩きます。

竹を切ってお皿づくり。保育園児がしっかりとノコギリを使います。最初からできたわけではないですが、出来るようになりたくてあきらめずにチャレンジしました。友達同士で話し合いをしつつ作業を進めています。


2015年度「飯田市起業家ビジネスコンペティション」に採択されました

自然保育のっぱらは、飯田市の地域活性化の取り組み「飯田市起業家ビジネスコンペティション」に採択されました。飯田市の特色ある有望な事業プランを持つ起業家を発掘し、当地域の経済団体、行政等が一丸となって、事業化および事業の成長をサポートするのを目的としたコンペでプレゼンをし、最優秀賞をいただいたことにより、飯田市のバックアップをいただけることになりました。
>>飯田市公式サイトによる発表「飯田市起業家ビジネスプランコンペの大賞が決定しました!」


自然保育のっぱら
自然保育のっぱら

のっぱら親子遠足

2017/05/16

のっぱら親子遠足

 

新緑の緑がやや濃くなって

 

こしあぶらやワラビを採りながら

山頂を目指す

 

今回の意図は

ちょっと大変な山を登りきることで達成感!!

ではなくて

家族間の絆を深め

親子で自然を満喫する~‼

が目的

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だから

ゆっくり

眺めながら

 

足元の濡れて閉じた松ぼっくり

まだ若々しい緑の葉

木々の間から射し込む太陽の光

時々見える町並み

 

森の音を聞きながら

 

鳥の声

風の音

そして、楽しくおしゃべりしながら

先頭にいる子どもたちが後方の仲間を励ます声

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

山頂では

アゲハがお出迎え

 

カエル

かなへび

アゲハ

次から次へと捕まえる子どもたち

DSCN2589

いつもと違うフィールドだけど

遊び方は変わらない❗

 

森の中では母の日のプレゼントが隠れていて

みんなで宝探し💕

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サプライズプレゼントに

ママたちニッコリ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

帰り道は

藤の花が道を紫に染め

 

子どもたちは

走りながら帰り道を楽しむ

DSCN2653

こんなにみんなで

自然の中を歩くのが楽しいなら

 

親子遠足改め家族遠足

もう1回あってもいいよね✨

なんて、声があったり

 

私たちも

安全対策はしっかりするけれど

いつもと違うフィールドを満喫

 

最後は

藤つるいっぱいの森のゆうえんちで

思い思いに遊ぶ子どもたち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ね!楽しいでしょ?

ここはあなたたちは絶対に大好きな場所だと

思うのよ

DSCN2663

 

子どもたちが楽しそうに遊ぶさまを見るのは

大人は本当に嬉しいことなの

喜ばしいことなの

 

無事遠足終わり思う

楽しかった~!!

 

主催者側の保育スタッフがこんなに楽しかったぁ~(^^)で終わるのは、恐らく普通ではないのだとは思うのだが・・・・いいよね?

 


春の恵み

2017/04/14

のはらに行って

のびる、土筆、カラスノエンドウ、タンポポを
摘んでから もなみ園へ行く事に

DSCN1781

手にはおもちゃのスコップ、しゃもじ、おたまを持って
「さぁみつけるぞ」と
勇ましくお出掛け

DSCN1805

ノビルって…
の子どもたちも
片手には何やら掘れると思われる物を持参

食べられる事を知っている
大きいぐみさんは ちょっと引っこ抜いて
まず、匂いを嗅ぎ
鼻を”クンクンクン”

KIMG5096

「んとこれはノビルだわ」
「これは、違うな」と
畑脇の坂道に 体を角度に合わせ バランスをとりながらの収穫

大きい物や まだまだ小さい物まで
色んな形に色んな大きさに 出会うと

「あった」
「見つけた」
と感激!

KIMG5120

もなみ園へも行きたいし
ノビルを見つける喜びも味わいたいしの子どもたち

斜めになった体から 青空を見上げ

「綺麗だなぁ」

とポツリ
この気持ちがきっと宝物になるのかなと思うほど
みんなの体と心が嬉しそうです

さぁ収穫した物を持って もなみ園へ

DSCN1823

DSCN1829
かごの中に 種類別に分ける、洗うをして
小麦粉をまぶし 油の中へ

春の第3弾
(すでにもう2回も天ぷらをしている)
天ぷらまつりのはじまり~!!

今年度はじめて味わう子どもたちの味見は止まらないし
止められないって感じで
揚げても 揚げても

「美味しすぎてやめられない」
「何個食べられる?」
「ねぇ何個食べたの」と

DSCN1845

美味しんぼたちがいっぱ~い(´∀`)
揚げたての春の味は格別なのです

チョウチョを網でゲット
観察ケースに入れて
図鑑で調べて
お弁当タイムも一緒に

帰るころには 森に返して
「またね」と
遊びも満喫中

トラブルもちらほら
どうしたい?
どうしたら良いかな?と
今年度はじめての 話し合い

考えて 感じて 思って
言葉にして伝えて
気持ちを分かり合ってを これからもたくさん 繰り広げてくれる事でしょう!

とっても楽しみなのっぱらの1年の始まりです(^^♪


味噌作り

2017/03/04

 

今日はのっぱらの味噌作り

 

前日お水に浸した大豆を

興味のある人は

パクッ

「ウグゥ、美味しくなーい」

「そうだ、豆まきの時も美味しくなかったわ」

 

味見大好きな子どもたち

一度はたべてみたくなる

好奇心は誰にも止められないのです

 

お庭では

くどで大豆を煮ているところ

もくもく上がる煙

ユラユラ上がる湯気

KIMG4638

 

 

茹で上がるまで

 

時々

大豆の味見はサイコー

KIMG4639

 

のっぱら味噌のお味噌汁で

お昼ごはんを食べてから

 

さぁ

煮大豆をすりこぎで

潰すお仕事に取り掛かること

1時間程

DSCN0838

小さいお友だちのお世話を

しながら

「ここをぐっと力を入れてごらん」

「もう少しだよ」と

加減をみながら

取り組んでくれて

DSCN0824

 

いよいよ

 

麹と天然塩を混ぜた物と

合体

捏ねて

丸めて

ツボの中へ

DSCN0800

DSCN0841

 

「美味しくなーれ」の

おまじない

DSCN0843

 

ツボの中は

来年きっと美味しくなるのは

間違いない

味噌の仕込み完了

 

良く働くなぁ~と

いつも感心の連続

 

さぁ

お仕事の後は

のっぱらのお庭で

のっぱらカフェのはじまり

メニューは

朝仕込んでおいた甘酒

 

空を見上げながら

風を感じながら

福寿草を見ながら

ちょっぴり咲いた梅の花の

香りを楽しみながら

思い思いのところで

出来たてホヤホヤの

甘酒を

味わっていました

KIMG4634

 

 

 


自然保育のっぱら


自然保育 のっぱら

園舎住所:飯田市愛宕町2744-2
連絡先:代表木下 09096685109