合同会社にじいろたね

代表あいさつ

子どもがこの世に産まれて初めて私たちは親というものになります。

それまでは自分の時間の中で一生懸命生きていました。ところが、子どもが産まれると途端に時間を子どもに奉仕する生活が始まります。
1人では生きていけない自分以外の小さな人を無条件に愛していく修行が始まるのです。

今まで自分という人間を愛してこれなかった人は、子どもを通して自分を愛する事を学んでいきます。

上手く自分を受け止める事、愛する事ができないと子どもの事も受け止めて愛する事は難しい事でしょう。
自分を満たすために子どもを利用したり、自分を拒絶するように子どもの事も拒絶してしまったりしてしまう事でしょう。

自分を愛せるようになっていくと、子どもをありのまま受け止められるようになり愛せるようになっていきます。
自分を愛していく過程は、喜びとなりますが生やさしいものではありません。それは人や環境のせいにせず、責任というものを背負いながら自分の人生を自由に生きていく事だからです。
ですが、それができるようになった人生は間違いなく幸せな人生なのです。

親も子も自分の人生を幸せに生きていく権利があります。

親子が幸せな人生を獲得する事を
にじいろたねは子育ち、親育ち、保育を通してお手伝いさせていただきます。
幸せな子育てを通して幸せな親子が増えていく事
それにより社会がより良くなっていく事それがにじいろたねの願いです。

「にじいろたね」の由来

人の心にはたくさんの種があって、それを自分で育てるの

勇気が出る種
人の気持ちが分かる種
自分の気持ちが分かる種

いっぱいあるけどね、誰かにね育ってほしいっていう気持ちがあったらそれを種で相手の心に渡せるの

ぼくの心にはにじいろたねがあってね、
それは
自分で育てていつか花を咲かせるんだよ!
すごい種なんだよ!

これは自然保育のっぱらでのA君の言葉です。

絵も描いて伝えてくれました。
彼の言葉をいただき、会社名にしました。

活動・取組み

親自身が人として幸せであるために

私たちのテーマは「子どもたちの生きる力、心を育てる」ですが、では具体的にはどうしたらよいでしょう?
そもそも、子育てを学校では学んでこなかった私たちです。何も分かりません。ですので毎日、方法や答えを探しています。

私たちが知っているのは自分が育ってきた環境のみです。それを元に模索します。

子育ての方法は世の中にたくさんあります。
ですが、それがあったとしても必ずしもその親、その子どもに合うわけではありません。答えは1つではありません。その人なりの子育て、その子に合った子育てがあります。
それは、親であるあなた自身が人して生きるあり方を子どもに見せていくことではないかと考えています。

親自身が幸せで自分らしく生きることを始めたら、子どもを育てることがこんなにも楽しくて幸せなものであるという事に気付いていきます。

1人ではなく周りの人たちとつながりを持ちながら子どもを育て、親である自分も育っていく。それができる場を提供させていただきたいと思います。

「自然保育のっぱら」の運営

『自然保育』とは自然環境や地域資源を活用し、屋外を中心とする子どもたちの直接的な体験活動を積極的に取り入れる保育・幼児教育のことで、子どもが本来持っている『自ら学び成長しようとする力』を育むことを重視しています。自然保育のっぱらも飯田下伊那の自然の中で保育を行っています。

動画配信

長野県の動画ポータルサイト長野tube(http://naganotube.com)内にて「いいママなんていらない」を配信しています。
「ママなんだから、〇〇すべき」「もう〇歳なんだから〇〇すべき」「周りにダメな親と思われてはいけない」と思い込んでいませんか?
親が良かれと思って信じ込んでいる、いわゆる「横並びの常識」が親と子どもを苦しめています。
もっと楽しく、親も子も幸せになる「自分軸」「やりたいことをやる」という考え方を、ざっくばらんなトークでお伝えしています。

①子育ての悩み解消「いいママなんていらない」 いいママなんていらないって?

②子育ての悩み解消「いいママなんていらない」 ママは安全基地って?

③子育ての悩み解消「いいママなんていらない」  のっぱら祭り

いいママなんていらない!vol 1 子育ての悩み解消!

いいママなんていらない!vol 2 大人が叱ると子供は?

いいママなんていらない!vol 3 「いいママなんていらない」ってどういう事?

いいママなんていらない!vol 4 「やらせる」事の大切さ

セミナー・イベント主催

親が子どもと向き合って子どもを育てることをしなければ子どもの心は育ちませんし、生きる力は育ちません。

私は自分たちの子どもだけが育てばいいと思っておりません。どの子どもたちも自分らしく生きて自分の人生を責任もって生きていく事が必要です。また、子育てに悩みどうにかしたい!と切実に思っている保護者の方たちも沢山います。

親理解、子ども理解を深めながら親が自分らしく生きていくお手伝いと実際にどうやって子どもを育てていくかの実践での支援をいたします。子育ては受け身で学ぶものではなく親自身が主体的に子どもに関わっていくものです。

のっぱら親子ぐみ

飯田下伊那の自然の中で行っている自然体験教室です。親子関係を幼児期から構築していく子育て支援の場の提供をいたします。ここでは、子育てが大変ではなくて楽しいもの、幸せなものであることを実践を通して学びます。
子育てを実践で学べる場は他にはありません。子どもの心への共感の仕方、子どもをありのまま受け止めるという事、子どもの行動に困ったときの対応の仕方などその場でお子さんの個性にあった親の個性にあった方法でお伝えしています。

親育ちセミナー

親自身が自らの人生をより生きやすいものに変えていき、その結果子育てが変わっていく事を目的として行います。
カウンセリングの要素も入り、子育ての悩みの根本的な解決に至るための親自身の生きづらさへのアプローチをします。親自身の心の問題に気づきを持たせ、親自らが自分で進むための道しるべとなるような、深く濃い内容になっています。
首都圏からの参加もあります。開催の希望をいただきましたらどこにでも伺います。

沿革

2007年 森のようちえんの活動開始
2015年秋 自然保育のっぱら開始。自然保育のっぱら起業の際、2015年度飯田市ビジネスプランコンペティションにおいて大賞を受賞
2019年秋 合同会社にじいろたね設立